総合監理が必要とされる背景

まず、キーワード集の前文の部分の理解から。

いきなり序盤から

科学技術による様々な成果は日々の生活の中に浸透し,

などという、ものものしい書き出しで始まっていますが、要はここ

近年の製造物・製品の多くは,その概念が想起されても直ぐには具現化できず,
(中略)
時間を かけて技術的な努力を積み上げ,品質の向上やコストの低減を図っていくことによって, ようやく一般の人々が広く利用できる優れた製造物や製品にまで仕上がるのである。

いろいろ努力をしないと技術は製品として、人々に貢献できませんよと言うことでしょうか?

次にここ、

多 くの技術者がそれぞれの能力を十分に発揮できるための仕組み,要素技術の知見など 様々な情報を結集するための仕組みなどが必要

要は、技術を包括して監理が必要ですよと言うことですかね。

あと、ここも結構インパクトがあります。

現代の科学技術はもはや一部の専門家が推進し一部の人がそれを利用するという性 格のものでなく,科学技術の行使がたとえ小さなものであってもその影響が地球的規模 に及ぶ可能性があり

一人の力ではもうどうしょうもないくらい、技術が複雑化していると言うことになるのでしょうか?
その結果、前述のように、技術を包括して監理する総合監理部門が必要となったと言う理解でいいのかな。