投資利益率法

投資利益率とはによるとROIと説明されています。

ROIとは、投下した資本に対して得られた利益の割合のことである。

と言うことですので、例えば、100万円投資して、200万円利益が得られるとすると

ROI=200/100=200%

と言うことになります。

ROIのメリットは、こちらによると、

規模の違う事業の効果測定ができるようになる

事業が成功したのか、価値があるか数値的に判断することができる

というメリットがあるために、よく利用されているそうです。確かに、事業規模が違う場合には単純に金額だけでは決められませんので、このような定量データにする必要があるのでしょう。